アジアニュースWeb

様々なニュースやトピックスをお届けします。

会社設立してからは会計事務所にすべて任せてOK

税金や保険に関することは、会社設立まで勤務先が一切行っていたので全くの無知でした。
独立当初から法務のことは弁護士や司法書士、税務や経理のことは税理士がいる会計事務所に依頼したことで、合同会社設立して事業を営む分には事務スタッフを雇わなくても済んでいます。

私が行うことは領収書を保管して月1度ほど来られる会計事務所のスタッフさんがチェックを行う、決算期など年に数回電話等でこちらから問い合わせるだけで面倒なことは一切ありません。

 <h3>信頼できる会計事務所</h3>

独立時には税務署OBの会計事務所が良いなど邪な考えを吹き込む者がいましたが、節税など税務署から疑われることは一切しなくて良いと話しておいたため、会計事務所の信頼のもと何の後ろめたさもなく本業に集中出来ています。

税理士などの士業はお高く止まって付き合い辛いように思われがちですが、会計事務所は依頼人がいて成り立つサービス業でもあるため、私のように知識に疎い者には親切にアドバイスをしてくれる者を派遣するなど、依頼人が必要とするサービスを提供してくれる会計事務所だと長く付き合うことが出来ます。

会計事務所を選ぶ際はホームページをチェック、ホームページで税務や料金に関して分かり易い説明がされている会計事務所であれば親切なサービスが受けられ、やたらと難しい専門用語や横文字をホームページに載せている会計事務所はサービスを受ける側が気を遣うことになります。