アジアニュースWeb

様々なニュースやトピックスをお届けします。

会社設立の時に発生する必要な費用

会社を開設する際へと、絶対に掛かって来るコストは登記費用です。

もしもに個人事業での法人成りなどで、登記料金の他に必要ないケースだと、会社をその金額のみで会社設立する事が可能です。

会社の設立登記の行う時には、以下の手順になります。

1.会社を開業させる項目を明確に決める

2.定款を作ったり認証が行われる

3.登記の重要書類を作成する

4.会社の設立登記を実施する

5.会社設立の申請手続きを実行する

会社設立のコストって?

上記の中で、必須となるコストの明細などは下記の通りです。

格安で会社設立しようと思っても下記は必ずかかります。

 

 

1.定款に貼り付ける収入印紙費用=4万円

※電子款の例では要りません。

2.定款に関する認証代金=5万円

3.定款に纏わる謄本手数料=2千円

4.登記を行う際での登録免許税=15万円

※資本額×0,7%となります。
会社設立の登録を自らだけでやる事により、総計25万円程度が必要不可欠となります。

代行業者に頼んだほうが安い?

会社を開設する時に、代行業者へと依頼する事で、開業資金を大幅に抑える事が出来ます。

何故かと言うと、設立コストの内で定款に貼る収入印紙料の4万円を、電子定款で作る事により、支払い義務がなくなるからです。

電子定款を一般人が制作する事で、専門の機器類などを揃えなくては行けない為、出費が想像以上に嵩んでしまうからです。