アジアニュースWeb

様々なニュースやトピックスをお届けします。

会計事務所は病院選びと同じ

40代半ばの男性会社員です。

会社設立時には会計事務所を選ぶこともあるかと思います。

会社の経理・財務部門に勤務しています。様々な会計事務所と付き合いがあります。良い会計事務所と悪い会計事務所があります。私の経験では、会計事務所選びは、病院選びに近いと思います。病院が会計事務所で、医者が会計士です。会社設立の良い会計事務所の条件ですが、私の経験では以下の通りです。

会計事務所の選び方

クライアントの目線から、謙虚な姿勢で一緒に考えてくれる。
- 経験と知識が豊富である。
- 完全な解決案がなくても、建設的で一番良い案を提案してくれる。
- 責任感がある。

逆に以下の会計事務所だと嫌な思いをします。

- クライアントに対して、偉そうな態度をとる。
- 経験と知識がない。間違いを指摘すると、「何を素人が!」と激高する。
- 問題点をやたら指摘するが、解決案を提供しない。
- 責任感がない。

お医者さんを選ぶ際も、経験・知識が豊富で、謙虚であり、責任感の強い先生を選ぶと思います。逆に、態度が尊大で、経験・知識がなく、責任感のない医者とはかかわりたくないと思います。会計事務所といっても、良い会計事務所と悪い会計事務所があります。こればかりは、実際に頼んでみないとわからないので、まず定額の顧問契約をすることをお勧めします。信用できると思ったら、会計事務所の業務範囲を広げてもよいと思います。以下の点がポイントです。

- 知識・経験はあるか?
- レスポンスは早いか?「忙しい」を言い訳にしていないか?
- 人として信用できるか?

レスポンスの速さは重要です。信用できる会計士は、メール等のレスポンスが例外なく早く的確です。決して「忙しい」といいません。信用できない会計士は、レスポンスが遅く、「会議があった」「忙しかった」等の言い訳ばかりします。信頼できる会計事務所とそうでない会計事務所があるので、気を付けてください。