アジアニュースWeb

様々なニュースやトピックスをお届けします。

遊休地の有効活用に太陽光発電

田舎に広い遊休地を持っている方は太陽光発電で有効活用が可能です。
土地の有効活用としてアパート経営や駐車場経営が取り上げられますが、田舎の土地ではそもそも人口も少ないため借り手がいません。
しかし太陽光発電なら田舎の何もない場所の方が適していることも多いのです。
周りに何もなければ陽当たりも良好です。
十分な発電量が得られるでしょう。
建設には太陽光発電ローンも利用できます。
太陽光発電はローンがとても利用しやすいのです。
実際に検討する際にはシミュレーションをしてみましょう。

 

産業用のメガソーラーはFIT制度というものがあり、政府が太陽光発電を推進しています。
この制度により発電した電気は電力会社が買い取る義務があり、自分で買い手を探す必要はありません。
また20年間は売電価格が固定で保証されます。
確かに売電価格は年々下がってきていますが、その分設置費用も格段に下がってきています。
メンテナンスも外注することができるので、何もしなくても利益が得られるのです。
田舎の土地活用は太陽光発電がおすすめです。