アジアニュースWeb

様々なニュースやトピックスをお届けします。

名刺のデザイン

名刺とは名を刺すと書きます。
その名の通り名刺を相手に渡すことにより自分の名前を相手の記憶に刺すことが名刺の役割ともいえます。
では名を刺す名刺を作成するにはどうしたらよいのでしょうか?
ポイントは名刺のデザインです。

 

名刺は小さな用紙の中に自分の名前や会社の名前、職種や役職、連絡先などの情報を記載しなければなりません。
その他にも名刺に記載したい情報があるかもしれませんが、とにかくズラズラと書かれていたり、バラバラに書かれていては見る気にもなりませんし、ましてや相手の記憶に残ることもありません。
またシンプルにデザインされていても、定型型のようなどこにでもあるような名刺も記憶に刺さりません。
たくさんの名刺の中に紛れてしまうかそのまま放置されてしまうことでしょう。

相手の記憶に刺さる名刺はオリジナリティの高いインパクトのあるデザインが求められます。
文字のフォントや大きさ、バランス、紙質などデザインのポイントはいくつもあります。
名刺をデザインする時には相手の立場に立って考案すると良いでしょう。